ウォーターサーバーのコンセントは入れっぱなしの方が電気代がかからない

ウォーターサーバーは電気代がかかるイメージが強いかもしれません。しかし今は節電タイプも増えていますし、電気ポットはお湯しか使えないのに対し、ウォーターサーバーはお湯と冷水が両方使えます。これを考えると、それほど電気代が変わらないならウォーターサーバーの方が使い勝手もよく、電気代もお得という二重の喜びがあります。

ウォーターサーバーの電気代は電気ポットのそれとほとんど変わりません。節電タイプならさらに電気代は安くなるので、これから新たに導入するのであれば、節電タイプのウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーは、1台で冷水と温水の異なる温度設定機能があります、ウォーターサーバーを導入仕立てや、旅行などで一旦コンセントを抜いてリセットした状態になると、冷水を作るために冷やす機能とお湯を作るために温める機能が働きます。この時は少し電気の消費量が増えるので、電気代がかかります。設定温度になれば、常に最適な温度に保てるので、新たに起動させる時に比べて電気の消費量は少なくて済みます。つまり、ウォーターサーバーはコンセントを抜いたりさしたりせず、常に入れたままにしておく方が長い目で見た時の電気代は安くなるのです。