ウォーターサーバー電気代を節約したいなら省エネタイプ

ウォーターサーバーがあれば電気ポットも不要ですし、電気ポットでは出来ない冷水も使えます。冷水もお湯も常に設定した温度を保てますから、レバーをひねるかボタンを押すだけでいつでも好きな時に冷水やお湯が使えます。ただし常に最適な温度に設定しておくには、常時コンセントをさしたままにしてスイッチを入れておかないといけません。

1台で冷水もお湯も両方の温度設定をしていると、かなり電気代が高くなるのでは?という不安がよぎります。しかし実際には電気ポットを使うのとほとんど電気代は変わりません。特に最近はウォーターサーバーも高性能の物が登場していて、節電機能を搭載したタイプなら電気代はさらに安くなります。

電気ポットとウォーターサーバーの電気代を比較した時、電気ポットは1ヶ月あたりだいたい900円~1,000円くらいです。夜寝る時はコンセントごと抜くなどすれば、少し節約できます。ウォーターサーバーの電気代は、だいたい1,000円前後です。節電タイプのウォーターサーバーなら、1ヶ月あたり500円ほどで済むからさらにお得です。電気代では電気ポットとさほど変わらないように思えますが、冷水とお湯の両方が使える事を考えると、ウォーターサーバーの方が断然お得です。