使い方によってさまざま!ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーの電気代について

ウォーターサーバーの電気代について ウォーターサーバーは、好きな時にいつで冷たい水や温かいお湯が出る便利な物です。わざわざウォーターサーバーを導入しなくても、水は水道の蛇口やペットボトルで飲めるし、電気ポットがあればお湯も好きな時に使えるという考え方もあります。しかし、ウォーターサーバーなら1台で冷たい水も、温かいお湯もいつでも使えますから、電気代という点で考えるとかなりお得になります。

ウォーターサーバーは、導入するための初期費用と水の入ったボトルを購入する費用、サーバーのメンテナンス費用など、何かとお金がかかるイメージがあります。しかし実際には、ウォーターサーバーのレンタル料を無料にしているところもありますし、メンテナンス費用がかからないところもあります。

水のタンクやボトルも、1ヶ月に何本というノルマを設定していないところなら、自分のペースで使えます。ウォーターサーバーは一度契約すると、定期的に水の入ったボトルを届けてくれるのですが、その際の配送料は無料ですし、空きボトルも無料で回収してもらえます。中には使い捨てタイプのボトルもあるので、この場合は小さくたたんで、地域のゴミの分別ルールに従って捨てるだけですから想像するよりも簡単に処理できます。

一番気になる電気代も、メーカーによる多少の違いはありますが、電気ポットとそれほど変わらないのに冷たい水と温かいお湯の両方が使えるのでとても便利です。電気代でもかなりお得になりますが、地域によっては水道の水が美味しくないので飲料水としては使えないところもあります。この場合はペットボトルの水を買うという方法もありますが、ウォーターサーバーを導入した方が長い目でみると費用は安くなります。

買った水もコーヒーやお茶を入れる時は沸かさないといけませんので、電気ポットを使えばその分電気代もかかります。ウォーターサーバーなら水を買いに行く手間もかからないし、お湯と冷水の両方を1台で使えるから、電気代の面でもお得です。メーカーによっては、新規契約でボトル数本を無料サービスしてくれるところもあるから、電気代以外の費用もいろいろお得になります。

水の種類もいくつか選べますし、赤ちゃんのミルクを作る時にはとても便利です。水の産地や管理も徹底していますから、安心して飲料水や料理に使えるのもメリットです。なかなか決められないという方は、無料で試せるお試し期間付きのウォーターサーバーもあるので、電気代の事や利便性など、実際に一度使ってみてから決める事もできます。

お知らせ